内臓脂肪ダイエットのために

内臓脂肪を燃やす

内臓脂肪は生活習慣病の元といわれます。一見ダイエットが必要なほど太ってるように見えない、つまり皮下脂肪がそれほどない人でも、意外に内臓脂肪はあるといわれています。


この内臓脂肪の方が、皮下脂肪よりも悪玉といわれます。それは、糖尿病、血栓症、動脈硬化・高血圧症を引き起こす数々の物質を、皮下脂肪よりも多く作り出しているといわれるからです。なので大事に至る前に、早く減らす=脂肪燃やす必要があるのです。


ダイエットしてもなかなか強敵な皮下脂肪とは違い、実は内臓脂肪は、溜まるのも早いですが減らすのも早い攻略しやすい相手なのです。脂肪燃やすのに最適なのは、有酸素運動です。有酸素運動でもっとも手軽なのは「歩く」ことです。


ただし、運動の持続時間が20分以上ないと脂肪燃焼が起きないと言われてきました。しかしこれは、確実に脂肪燃焼するにはという話ですから、まずは10分、15分歩き、継続していけば効果が出てくるでしょう。


千里の道も、ダイエットの道も一歩からです。

posted by 内臓脂肪ダイエット | Comment(0) | TrackBack(0) | 内臓脂肪ダイエットのために

内臓脂肪ダイエットのためには和食

ダイエットを志す世界中の人々から、今「和食」が注目されています。

和食がダイエットメニューとして優れている理由として、まず第一に挙げられるのが、脂肪が少ないということ。

脂肪は炭水化物に比べて、同じ量ではるかに高カロリーですが、和食の主食となるご飯には、この脂肪がほとんど含まれていません。


一方、洋食の主食となるパンには、小麦粉の他に、バターやマーガリンが使われています。

よって、同じ量を食べても、和食メニューの方がはるかに低カロリーで、内臓脂肪ダイエットには適しているということになるのです。


第二点目は、食物繊維が多いこと。

よく、ダイエットの大敵として挙げられるものに、便秘があります。


なぜ便秘がダイエットの大敵かというと、腸から毒素が吸収され、それが全身に回ることで、体の代謝機能を大幅に衰えさせるからです。


その便秘を解消してくれるのが、食物繊維。

食物繊維は腸の働きを高め、便通を促してくれます。

また食物繊維には、体内の余分な脂肪を排出する効果もあります。


第三点目は、ミネラルが豊富に含まれていること。

ミネラルは体内の酵素を正常に働かせるために欠かすことのできないものであり、これが不足すると、やはり代謝が低下して「ダイエットしてもやせない体」になってしまうのです。


しかも、和食の“汁物”などには、ミネラル豊富な海産物が多く含まれており、不足しがちなミネラルを補うことができます。


内臓脂肪ダイエットを成功させるために、ダイエットメニューとしての和食を、より積極的に取り入れましょう。
posted by 内臓脂肪ダイエット | Comment(0) | TrackBack(0) | 内臓脂肪ダイエットのために

内臓脂肪ダイエットで生活習慣病を防ぐ

ダイエットを健康のために行なう人が増えています。

これは、肥満生活習慣病の原因と一つとされているためです。

しかし、ダイエットをしてスリムになったとしても、必ずしも安心できるものではありません。


なぜなら、皮下脂肪が落ちて「スリム」になっても、内臓脂肪がたまっていることがあるからです。

皮下脂肪とは、皮膚の下の脂肪層にたまる脂肪のことで、一般にダイエットのターゲットとなるのはこの皮下脂肪です。


一方、内臓脂肪とは内臓のまわりにたまる脂肪のこと。

内装脂肪皮下脂肪と違って、外見からはその存在をつかみにくく、スリムな人でも、内臓周りにベットリと脂肪が付いている場合が少なくありません。


そして、生活習慣病と関係が深いのは、皮下脂肪よりもむしろ内臓脂肪なのです。


では、どのようにしたら“内臓脂肪ダイエット”ができるのでしょうか。

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて燃焼させやすいという特徴があります。

しかし、やみくもに腹筋などを行なっても、筋肉はつきますが、内臓脂肪を落とすという点では、あまり効果がありません。


内臓脂肪ダイエットに効果的なのは、有酸素運動です。

有酸素運動とは、酸素を効率的に使いながら、体脂肪を燃焼させる運動のことで、ウオーキングやジョギング、水泳などがこれに当たります。

また、食事については、普通のダイエットと同様、カロリーをできるだけ抑えて、かつ必要なビタミン・ミネラル・タンパク質はきちんととるように心がけるようにします
posted by 内臓脂肪ダイエット | Comment(0) | TrackBack(0) | 内臓脂肪ダイエットのために

内臓脂肪とダイエット

ダイエットと関連して、近年注目されているものに、“内臓脂肪”があります。


ダイエットに関心のある人は、“脂肪”というと、すぐに皮下脂肪のことを連想するのではないかと思いますが、内臓脂肪はこれとは全く別のもの。

皮下脂肪とは、皮膚の下の脂肪層にたまる脂肪のことですが、内臓脂肪とは、内臓のまわりにたまる脂肪のことを言います。


近年、「かくれ肥満」という言葉をよく耳にします。これは、外見や体重の割に体脂肪率が高いときに用いられる言葉ですが、このかくれ肥満の人にたまっているのが、内臓脂肪なのです。

内臓脂肪は、ダイエットの必要のなさそうなスリムな人にも、意外と多くたまっていることがあります。


ところで、この内臓脂肪は、内臓の周囲にたまるため、内臓の正常な働きが阻害され、そのため内臓に大きな負担がかかるようになります。


メタボリックシンドロームにより引き起こされる、生活習慣病と関連が深いのも、この内臓脂肪であると言われています。

ゆえに、健康維持の上から、この内臓脂肪を燃焼させることに注目したダイエット――“内臓脂肪ダイエット”も流行の兆しを見せています。

posted by 内臓脂肪ダイエット | Comment(0) | TrackBack(0) | 内臓脂肪ダイエットのために

内臓脂肪ダイエットのために

痩せる方法 FX必勝法 MIUMIU 財布