内臓脂肪とは、内臓脂肪について

内臓脂肪とは、内臓脂肪について

内臓脂肪とは、腹部の内臓の周りにある脂肪(消化管の間の脂肪組織)です。


お腹の肉が摘めるようになったらダイエット、というのは一つの目安ですが、この摘めるのは皮下脂肪で、内臓脂肪とは別物です。皮下脂肪がなくて、一見ダイエットが必要なほど太ってないような人でも、内臓脂肪がたっぷりという可能性もあります。


内臓脂肪を医学的に判断するには、CTスキャンで撮影する必要があります。しかしもっと簡単に目安とできるのが、お腹周りを計ることです。お腹周りとはおへその高さの外周です。この数値が日本人男性の場合85cm以上の場合には、内臓脂肪が増加している可能性があります。


その他、お腹をひっこめた時に、お腹周りがどれだけ減るか。お腹周りの数値が大きいほど減る数値も大きく、男性の場合6cm以上はないと、内臓に脂肪がついてると推測されます。そういった場合は、早めに内臓脂肪ダイエット内臓脂肪の消費対策をたてた方が良いです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1644184
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

内臓脂肪とは、内臓脂肪について

痩せる方法 FX必勝法 MIUMIU 財布