ダイエット食品とは

ダイエット食品とは

ダイエットというと、かつては“苦しい食事制限”というイメージがつきまとったものですが、近年では“ダイエット食品”が多く登場し、「食べながらやせる」というスタイルが一般化してきました。


ダイエット食品とは、原料の配合を工夫したり、特殊な食材を用いることで、通常の食品に比べてカロリーを大幅にカットした加工食品のことです。


ダイエット食品の中には、単に低カロリーなだけでなく、脂肪や炭水化物の燃焼効率を高めるための成分や、便秘解消・デトックスを目的として食物繊維を配合したものなども製品化されています。


ダイエット食品は「低カロリー食品」として、肥満の人や糖尿病患者の食餌療法のために作られたものでしたが、現在は、いわば健康食品の一つとして、若い女性たちの間でブームとなっています。


ただし、肥満の人を調べると、カロリー摂取が多いいわゆる食べすぎの人よりも、深夜の食事や、不規則な食事といった、食べ方に問題がある人の方が多いという結果がでています。

posted by 内臓脂肪ダイエット | Comment(0) | TrackBack(0) | 内臓脂肪ダイエットの基本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1462025
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ダイエット食品とは

痩せる方法 FX必勝法 MIUMIU 財布