内臓脂肪ダイエット 内臓脂肪を減らしてメタボリックシンドロームを予防する!!

内臓脂肪を燃やす

内臓脂肪は生活習慣病の元といわれます。一見ダイエットが必要なほど太ってるように見えない、つまり皮下脂肪がそれほどない人でも、意外に内臓脂肪はあるといわれています。


この内臓脂肪の方が、皮下脂肪よりも悪玉といわれます。それは、糖尿病、血栓症、動脈硬化・高血圧症を引き起こす数々の物質を、皮下脂肪よりも多く作り出しているといわれるからです。なので大事に至る前に、早く減らす=脂肪燃やす必要があるのです。


ダイエットしてもなかなか強敵な皮下脂肪とは違い、実は内臓脂肪は、溜まるのも早いですが減らすのも早い攻略しやすい相手なのです。脂肪燃やすのに最適なのは、有酸素運動です。有酸素運動でもっとも手軽なのは「歩く」ことです。


ただし、運動の持続時間が20分以上ないと脂肪燃焼が起きないと言われてきました。しかしこれは、確実に脂肪燃焼するにはという話ですから、まずは10分、15分歩き、継続していけば効果が出てくるでしょう。


千里の道も、ダイエットの道も一歩からです。

posted by 内臓脂肪ダイエット | Comment(0) | TrackBack(0) | 内臓脂肪ダイエットのために

内臓脂肪とは、内臓脂肪について

内臓脂肪とは、腹部の内臓の周りにある脂肪(消化管の間の脂肪組織)です。


お腹の肉が摘めるようになったらダイエット、というのは一つの目安ですが、この摘めるのは皮下脂肪で、内臓脂肪とは別物です。皮下脂肪がなくて、一見ダイエットが必要なほど太ってないような人でも、内臓脂肪がたっぷりという可能性もあります。


内臓脂肪を医学的に判断するには、CTスキャンで撮影する必要があります。しかしもっと簡単に目安とできるのが、お腹周りを計ることです。お腹周りとはおへその高さの外周です。この数値が日本人男性の場合85cm以上の場合には、内臓脂肪が増加している可能性があります。


その他、お腹をひっこめた時に、お腹周りがどれだけ減るか。お腹周りの数値が大きいほど減る数値も大きく、男性の場合6cm以上はないと、内臓に脂肪がついてると推測されます。そういった場合は、早めに内臓脂肪ダイエット内臓脂肪の消費対策をたてた方が良いです。

メタボリックシンドロームとは、メタボリックシンドロームについて

メタボリックシンドローム(代謝症候群)とは、「メタボリック症候群」とも呼ばれ、心臓病や脳卒中を引き起こす危険の高い状態をいいます。


メタボリックシンドロームは、「肥満」、「糖尿病」、「高血圧」、「高脂血症」などの危険因子が集積する病態であり、「死の四重奏」と呼ばれていました。

現在は「喫煙」を加え「死の五重奏」と言われています。


また、肥満にも男性に多い内臓脂肪型肥満と女性に多い皮下脂肪型肥満があり、リスクが高いのは内臓脂肪型肥満で、ウェスト周囲に注意することが必要となります。


致死的な病気を発症するまで通常は無症状ですが、時に急性心筋梗塞などを発症し、場合によっては死につながることもある、潜在的に危険な状態と言えます。


WHO(世界保健機構)によれば、メタボリックシンドロームにかかっている人は、現在、世界的に増え続けており、米国では、実に成人の30〜40%もの人が該当しているそうです。

日本人では特に中年以降の男性に多く、一般の人の中で5人に1人くらいいることが判明しています。

内臓脂肪ダイエットのためには和食

ダイエットを志す世界中の人々から、今「和食」が注目されています。

和食がダイエットメニューとして優れている理由として、まず第一に挙げられるのが、脂肪が少ないということ。

脂肪は炭水化物に比べて、同じ量ではるかに高カロリーですが、和食の主食となるご飯には、この脂肪がほとんど含まれていません。


一方、洋食の主食となるパンには、小麦粉の他に、バターやマーガリンが使われています。

よって、同じ量を食べても、和食メニューの方がはるかに低カロリーで、内臓脂肪ダイエットには適しているということになるのです。


第二点目は、食物繊維が多いこと。

よく、ダイエットの大敵として挙げられるものに、便秘があります。


なぜ便秘がダイエットの大敵かというと、腸から毒素が吸収され、それが全身に回ることで、体の代謝機能を大幅に衰えさせるからです。


その便秘を解消してくれるのが、食物繊維。

食物繊維は腸の働きを高め、便通を促してくれます。

また食物繊維には、体内の余分な脂肪を排出する効果もあります。


第三点目は、ミネラルが豊富に含まれていること。

ミネラルは体内の酵素を正常に働かせるために欠かすことのできないものであり、これが不足すると、やはり代謝が低下して「ダイエットしてもやせない体」になってしまうのです。


しかも、和食の“汁物”などには、ミネラル豊富な海産物が多く含まれており、不足しがちなミネラルを補うことができます。


内臓脂肪ダイエットを成功させるために、ダイエットメニューとしての和食を、より積極的に取り入れましょう。
posted by 内臓脂肪ダイエット | Comment(0) | TrackBack(0) | 内臓脂肪ダイエットのために

ダイエットメニュー

ダイエットを成功させるために、まず必要になってくるのが食事のコントロール。

ただし、必ずしも無理な食事制限をする必要はありません。


ダイエットに適した献立、いわゆる「ダイエットメニュー」を考えればよいのです。

ダイエットメニューを考える上でのポイントは「低カロリー」。


当然のことながら、砂糖や脂肪を極力控えるようにします。


ダイエットメニューを組む上でのもう一つのポイントは、一日に必要なビタミン・ミネラルをきちんと摂取できるようにすること。

ダイエットを成功させるためには、とにかく食事の量を減らせばいい、と考えるのは間違いです。

過度の食事制限や偏った食事の取り方によってビタミンやミネラルが不足すると、体の代謝が落ち、内臓が十分に機能しにくくなるため、脂肪がうまく燃焼されず、逆に「やせにくい体」になってしまいます。

これでは食事制限をする意味がありません。

ダイエットメニューをしっかり組んで、無理なくダイエットを成功させましょう。

posted by 内臓脂肪ダイエット | Comment(0) | TrackBack(0) | 内臓脂肪ダイエットの基本

内臓脂肪ダイエットで生活習慣病を防ぐ

ダイエットを健康のために行なう人が増えています。

これは、肥満生活習慣病の原因と一つとされているためです。

しかし、ダイエットをしてスリムになったとしても、必ずしも安心できるものではありません。


なぜなら、皮下脂肪が落ちて「スリム」になっても、内臓脂肪がたまっていることがあるからです。

皮下脂肪とは、皮膚の下の脂肪層にたまる脂肪のことで、一般にダイエットのターゲットとなるのはこの皮下脂肪です。


一方、内臓脂肪とは内臓のまわりにたまる脂肪のこと。

内装脂肪皮下脂肪と違って、外見からはその存在をつかみにくく、スリムな人でも、内臓周りにベットリと脂肪が付いている場合が少なくありません。


そして、生活習慣病と関係が深いのは、皮下脂肪よりもむしろ内臓脂肪なのです。


では、どのようにしたら“内臓脂肪ダイエット”ができるのでしょうか。

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて燃焼させやすいという特徴があります。

しかし、やみくもに腹筋などを行なっても、筋肉はつきますが、内臓脂肪を落とすという点では、あまり効果がありません。


内臓脂肪ダイエットに効果的なのは、有酸素運動です。

有酸素運動とは、酸素を効率的に使いながら、体脂肪を燃焼させる運動のことで、ウオーキングやジョギング、水泳などがこれに当たります。

また、食事については、普通のダイエットと同様、カロリーをできるだけ抑えて、かつ必要なビタミン・ミネラル・タンパク質はきちんととるように心がけるようにします
posted by 内臓脂肪ダイエット | Comment(0) | TrackBack(0) | 内臓脂肪ダイエットのために

失敗しようがないダイエット特集

★失敗しようがないダイエット特集★

『たった40分で2キロ痩せる!』
『毎週ステーキを食べても体重7キロ減!』
『わずか1,000円でウエスト−12センチ!』

こんな夢のようなダイエット法が実在しています。

全国のダイエット経験者1,154人からのアンケート回答を分析し、【ダイエット失敗者の実に93.3%が陥っている、ある致命的な間違い】に着目して画期的なダイエット法が確立されたのです!

実際に筆者が実践して見事『体重−7.0キロ、体脂肪率−8.5%』に成功しました!

全国のダイエッター達が心待ちにしていた「失敗しようがないダイエット特集」です!

限定300名様に限り半額で提供!(追記:残り40名様となりました)
さらに、今なら全額返金保障キャンペーン中!!
★失敗しようがないダイエット特集★
posted by 内臓脂肪ダイエット | Comment(0) | TrackBack(0) | 内臓脂肪ダイエット情報

カロリー計算で計画的ダイエット

ダイエットを成功させるために、必ず理解しておかなければならないポイントがあります。

それは「人は、なぜ太るのか」、そして「人は、なぜやせるのか」。



答えは簡単――摂取したカロリーの方が消費したカロリーより多ければ体重は増え、少なければ体重は減るのです。

よって、ダイエットを成功させるためには、食事のコントロールにより摂取カロリーを減らすか、運動などによって消費カロリーを増やすかのどちらかあるいは両方を行なうことになります。


このうち、摂取カロリーのコントロールを行なう上で必要になってくるのが、カロリー計算です。


食事の量を減らしても、カロリーの高いものばかりをとっていたのでは意味がありません。


確実なダイエットを行なうためには、目標体重にあわせて1日に摂取するカロリー量を計算して、計画的にダイエットを進めていくことが大切です。

posted by 内臓脂肪ダイエット | Comment(0) | TrackBack(0) | 内臓脂肪ダイエットの基本

カロリーとは カロリー計算

ダイエットに欠かせないものに、カロリー計算がありますが、この「カロリー」とは一体何でしょうか。

栄養学における「カロリー」とは、食物の熱量や運動の熱量の単位です。


そして、このカロリーは大きく二つに分けられます。

それは、「摂取カロリー」と「消費カロリー」です。


摂取カロリーとは、食事により体内に取り込んだエネルギーを指します。

消費カロリーとは、基礎代謝(生命の維持)や運動により消費されるエネルギーを指します。


ダイエットにおけるカロリー計算では、摂取カロリーばかりに目が行きがちですが、ダイエットを成功させるためには、摂取カロリー消費カロリーの両方に気を配らなければならない、ということになります。

カロリーのとり過ぎや、過度な食事制限によって健康を害する――といったことを防ぐには、この両方についてきちんと計算を行なうことが大切です。



posted by 内臓脂肪ダイエット | Comment(0) | TrackBack(0) | 内臓脂肪ダイエットの基本

ダイエット方法の選び方

ダイエットの方法は、若い女性の関心事として、必ず上位にくるものです。

ゆえに、ダイエット関連商品は巨大市場を形成しており、また巷には数百もの「○○ダイエット」と称するダイエットの方法が氾濫しています。

曰く、「食べるだけでやせる」「飲むだけでやせる」「塗るだけでやせる」「寝ている間にやせる」等。


しかしその一方で、高価なダイエット商品を購入しても全く効果がなかった、いろいろな方法を試してみてもうまくいかなかった――という声も、よく耳にします。


それはなぜなのでしょうか。



理由は簡単、自分に合わないダイエットの方法を選んでいるからです。

自分はなぜ太ってしまったのか――その理由は人によって様々です。

よって、ダイエットも、自分にあった方法を見つけることから始めなければならないのです。
posted by 内臓脂肪ダイエット | Comment(0) | TrackBack(0) | 内臓脂肪ダイエットの基本

内臓脂肪ダイエット 内臓脂肪を減らしてメタボリックシンドロームを予防する!!

痩せる方法 FX必勝法 MIUMIU 財布